賃貸経営を成功させるカギ

アパートやマンションなどの賃貸物件のオーナーになって、入居者から家賃収入を得る方法を賃貸経営と言います。一昔前までは賃貸物件のオーナーの方が強い立場にあるとされていましたが、近年では賃貸物件は借り手市場とも言われています。つまり、賃貸経営を成功させるためにはコツを掴むことが必要不可欠です。新しい物件でも借り手がなかなか付かない場合もありますし、古い物件でも次から次へと入居者が決まる場合もあります。理想としては入居率90%以上を保っておきたいですね。満室の状態をいかに長く継続させるかが成功のカギとなります。ただ、入居者にも都合がありますから、定期的に退去者が出るのは仕方がありません。退去した後、数日間を修繕に充てて次の入居者が入居してくれると助かります。入居率を高めるには、賃貸物件を探している人の心を掴まなければなりません。

所有している住宅を利用して賃貸経営を始める

賃貸経営というとアパートを一棟所有しなければならないというイメージがあるかもしれません。しかし、賃貸住宅を探している人に貸せるような物件を一つでも所有していれば、賃貸経営は可能です。例えば、誰も住んでいない一戸建て住宅があったり、住むつもりで購入した分譲マンションに転勤や親の介護などで住めなくなったというケースが挙げられます。一戸建て物件は人気が高いですから、賃貸物件として広告を出すと早いうちに入居者が決まる可能性が高いでしょう。一戸建ての場合は、庭付きや駐車場付きというメリットがあります。アパートにはない魅力があるので、一戸建て住宅の賃貸物件を探している人は多いのです。家賃設定で悩むと思いますが、近くの不動産業者に依頼して査定してもらうといいでしょう。自分では決められませんが、不動産業者なら相場などから判断して家賃を提示してくれます。

マンション購入による賃貸経営について

マンションを購入してそれを第三者に賃貸することにより、家賃収入を得ていくことをマンション投資といいます。これは短期間で大きく資産を増やす方法ではなく、老後にゆっくりと過ごすために、少しずつ始めていくのがいいかもしれません。専門知識がなくても始めることができるので、サラリーマンや公務員の投資家が多く存在します。ほとんどの方がローンを活用してマンション投資を始められますが、ローンの返済は家賃収入で補えることが多いため、小額の資金で簡単に始める事が出来ます。加えて私的年金として、生命保険として、金融商品として、税務対策としてなど、様々なメリットを受けられることもあるので、効率的な資産形成や資産運用が可能になります。このような賃貸経営は個人で行うこともできますが、専門的な起業を利用することもできるので、一度調べてみるといいでしょう。